ここは死海のほとり

それはなんて青春な場所。
塩濃い目。
<< THE YELLOW MONKEY『SUBJECTIVE LATE SHOW』@倉敷市民会館(その壱) | main | 【Radio Caroline】行きたい。行きたいんだ。 >>
THE YELLOW MONKEY『SUBJECTIVE LATE SHOW』@倉敷市民会館(その弐)
まだ書くのか。ええ、書きますとも(笑)。

私は、エマの魅力に開眼してから、エマがいるステージではエマしか見なくなりました。あれだけ執着していた吉井和哉をほとんど見ていない。…私の悪いところで、バンドの中でだれか1人を好きになってしまうと、かなりの割合、その方凝視状態でLIVEを見てしまう。ロデオんときの滝澤さん、キャロんときのウエノコウジもそんな感じだった。これ、よくないんだろうけどさ、目の欲望には逆らえないんだよねぇ。8〜9割その方ロックオン、残り1〜2割でほかを眺める。もったいない。実にもったいない。でも、目の欲望には…。

そんな個人的事情とは別に、さらに倉敷では、私と吉井の間にでかいでかいお兄さんの頭がございまして…。私の場所はほぼ中盤のドセンター。階段状になってるホールで、身長159センチの私がふさがれたんだから、お兄さんかなりでかい。しかも、あまり動かない方だったので、物理的に吉井とアニーは見えねぇんだわ(笑)。


…ということで、ヒーセかエマしか目のやり場ない。だから、エマちゃんロックオンな感想を最後にお送りします。←すげー言い訳。
あまりに恥ずかしいので、追記隔離。
エマの笑顔が、うれしかった。幸運にも、表情まで見える席をいただけました。だから、エマの笑顔が、生でたくさん見れた。エマは不思議な人で、知れば知るほど距離を感じさせないところがある。THE YELLOW MONKEYなんて、遠い遠い存在なのに、すぐそこで投げキッスしながら笑ってくれているように感じる。その距離は、私がエマに堕ちたそのときに比べて、今の方がずいぶんと近い。不思議な人です。


エマは、くるくる回る。下手に行って戻ってくるときに、ドラムセット前くらいからくるくる回って戻ってくる。小気味がいい。なんか、アリーナツアーのときより、若返ってる。艶感アップしてる。アップというか、すべてがアップグレードされてる。動きも、笑顔も、投げキッスも、王子様も。もう、私の心の真ん中、頭の芯にぐいぐい入り込んできて、私の思考がエマに支配されました。で、右手の動きが、犯罪者レベル。腰から下の動きが、R指定レベル。将来、子どもがLIVEに一緒に行きたいと言い出しても、私は子ども連れて来ないと思う。絶対無理。見せられないよ、こんな人(と、こんな人を観ている私)。

ここぞというときにするのが決めポーズのはずですが、エマは、いつも決めポーズ。リフ一個弾いたら決めっ。じゃーんって弾いたら決めっ。決めた上で、投げキッスしまくり。いただきたくて、切にお願いしました。流し目ビームも、撃たれたくて切に切にお願いいたしました。エマの周りのスモークが、エマから立ち上ってる何かに見えて、拍手も忘れて凝視です。凝視。

アンコールで出てきたエマは、ジャケット脱いできました。シャーリングがたっぷりのカットソー。身体の線がでて、セクシーすぎるから…。ギターソロで、ギターのネックをくいくい引き寄せながら前進してくるときの姿、完璧やろ。非の打ち所ないわ。足取りも、タイミングも、すべてが完璧だわ。


エマが、ギターのネックを銃に見立てて、客席を狙い撃ちするシーンがありました。やばいやばいやばいやばい、撃ち落とされるなら、鳥としてより今だなと思った。


はけるとき、菊地兄弟は、一緒になんかするのが恒例のようです。上手では、2人で裕次郎ポーズ。下手は…見てませんでした(有り得ん私)。でも、両方で、アニーがスティックを客席に差し上げていたのが優しいなと思いました。

あの兄弟は、いつもなにをやっても、下品にならない。育ちの良さとしか言いようがない。


最後に。どっかで、吉井さんが「こんなことばっかりやってるとか下ネタばっかりだとか言われるけど、この3人といると、こんな風になっちゃうんだよねえ」…とかなんとか。この吉井和哉のめんどくさい状態は、吉井を放し飼いにした3人の責任ってことなの?! おい、どうなんだ。

私思うに、この歳になってから、気の知れた仲間と昼夜またいで行動をともにできるって、なかなかないことなんですよね。たまに飲んだり、遊んだりはできても。普通皆さん環境が違うから。だけどこの人等は、仕事という正当な理由の下で昼夜を問わず一緒にいる状態を満喫してるわけです。まったく奇跡なおっさんらです。ときここにいたり、吉井の悪ふざけがどこまでエスカレートするか。メカラじゃ見物かと。
ここでの吉井さんの呼び方が、吉井和哉であったり吉井であったり吉井さんであったりまれに吉井ちゃんであったりするのは、場面場面で、彼に対する感情が目まぐるしく変わるからです。…これ、一応、歪んだ愛情だと思ってます。どんなんなっても、吉井和哉は吉井和哉で、好き。

私はメカラ行けないですが、行かれた方の感想、謹んでお待ち申し上げます。


長くなりました。アップも遅かったです。いろいろ申しわけなさすぎなレポですか、最後まで読まれた方、奇特です。お付き合いいただき、ありがとうございました。
| そる。 | THE YELLOW MONKEY | 17:06 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:06 | - | - | -









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ