ここは死海のほとり

それはなんて青春な場所。
塩濃い目。
<< 【STAN】「S.T.T. 〜すごく楽しいツアー〜」 | main | STAN 7/3 「wonderful tonight!! in OSAKA」福島2nd LINE(大阪) >>
MC は難しい。
ライブのMCって、基本的にはそのステージに立ってる人が言いたいことをいったらいいのだと思います。でも、できるなら、それはお客の気を悪くしないほうがよいです。では、万人受けするMCとは何か。…そんなものありません。もっとおもしろいこと言えよとか、ひねりすぎとか、演出し過ぎとか、しゃべらなさ過ぎ、しゃべり過ぎなど、お客は勝手ですからいろいろと文句を言います。それもまた仕方のないことです。

私が、先日ライブで聞いたMCについて、ここで書いてみたいと思います。
一個人がフロアの片隅で思ったことですから、この考えを皆に押し付けるつもりはありません。ただ、こう思うことがあった、ということです。
追記隔離。
そのMCは、私が The Jerry 目当てで行ったライブの対バンの方のものです。一言一句正確ではありませんが、要約するとこういうこと。
「秋葉原の事件とか東北の地震とか、最近は何が起こるかわからなくて、こわいですね。でも、こうしてこの場に集まれている今この時間を大切にしたいと思います」云々。

私は、この後段の気持ちは大切にしていいと思うし、MCしてもらってまったく構わんと思います。この発言自体を批判するつもりは毛頭ない。問題は、その前にさらっと言っちゃってる2件の時事ネタです。
そもそも、時事ネタをMCで使うことは非常に危険なことだと私は思うのです。それが新聞の三面記事とか冗談で流せる話であれば別ですが(まぁ、三面記事だろうと当事者は冗談じゃすまないんでしょうが…)、かなりでかい事件でしょう、これ。しかも起きたばかりで結構にショックな話です。そもそもから関係者がその場にいないとも限らない性質の話だと思うのです。親戚が東北にいる人もいるかもしれないし、家族が警察や救急関係者の人だっているかもしれない。
大きい事件だからこそ皆の前で話をしたい、という場合もある。きっとこのMCをした人は、いろいろと思う節があったに違いない。でも、そもそも数分しかないMCの時間内でそこまでの話をすることは不可能。だから、一般論的にまとめて話を区切るほかないのも仕方のないことなのかもしれない。
だったら、それであればなおさらに私は思う。この手の時事ネタでMCをするからには、大演説をぶつくらいの覚悟で挑めと。その短い時間でも伝えたいと思う言葉と伝えられる伝達能力を持っているなら、さぁ、話せよと。そのくらいでなければ、私は聞きたかない話です。
例え一地方の小さなライブハウスであれ、一段高いところから拡声器を用いて話をするんですから、その発言には気を配るべきです。不快になる人間がいる可能性を考慮すべきです。
少なくとも私は非常に不快だった。正直な話、その事でその日のライブのテンションが少し落ちてしまった。目当てだった The Jerry のライブの前にこの出来事があったのですが、申しわけない、乗り切れなかった。

私のスイッチの切り替えがへたくそだっただけのことです。でも、こんな人間もいるのですよ、という話。
| そる。 | 雑記。 | 01:50 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:50 | - | - | -









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ