ここは死海のほとり

それはなんて青春な場所。
塩濃い目。
<< 【椿屋四重奏】ジレンマ。 | main | 【STAN】頭が切れると、ギャグも企画もおもしろい。 >>
THE YELLOW MONKEY …
ばかり聴いている(kyg 風)。



最近なぜかTHE YELLOW MONKEY ばかり聞いている。

THE YELLOW MONKEY のアルバムで私が好きな3枚は「SICKS」「jaguar hard pain」「未公開のエクスペリエンス・ムービー」です。その3枚を結構濃い目に聴いています。THE YELLOW MONKEY をこんなにがっつり聴くのは久しぶり。

いつ以来か。それは、私がTHE YELLOW MONKEY しか追いかけていなかった頃まで遡ります。解散以来「THE YELLOW MONKEY を痛々しく聴き続ける」という行為から抜け出したのは椿屋四重奏に出会ってからのことですので、それ以前まで遡る。



ここ1、2年は出会うバンドに恵まれたおかげで、次々にリリースが巡ってくる彼らの音源をむさぼるように聴くことが多かった。リリースが途切れても、とりあえずロデオを聴いていれば私は幸せでした。ロデオを聴いていると、これ以上ないくらい現在進行形な気分になるんですよね。ロデオは現在進行形で大きくなっているし、ライブも頻繁だから、まさに目の前の出来事が常に耳から流れてきているみたいな感覚です。

でも、THE YELLOW MONKEY を聴く私の気分は間違いなく過去形です。THE YELLOW MONKEY は、現実的にはもう大きくならないし、ライブも、もう。でも、私の多感な時期を支え続けてくれたのは THE YELLOW MONKEY に違いない。あの頃の自分の「すべてに前のめり」な感じを思い出すと、そこには必ず THE YELLOW MONKEY がいる。大学受験と就職活動、その両方に私は失敗しており局所的に結構遠回りをしたので、つらいときを支えてもらった、という感が強いです。(…一見失敗だったその二つの結果は、なんか知りませんがうまいこと軌道修正されて、今に至っています(笑)。人生って、そんなもんなんですかね。当時はとてもそんなふうには思えませんでしたが。)

今、私は小さな転換期に立っています。そうなると、結局支えにしたくなるのは、THE YELLOW MONKEY なんですよね。



きっと、今が10代から20代前半でロデオを猛烈に聴いている方々は、将来今の「前のめり」を思い出す瞬間には必ずロデオがいるのだと思います。いくつになっても、自分を支えてくれるのはロデオなんだと思います。

THE YELLOW MONKEY でたどる思春期もいいけどよぉ、ロデオでたどる思春期っていうのも、体験してみたかったよなぁ(笑)。
| そる。 | THE YELLOW MONKEY | 15:35 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:35 | - | - | -









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ