ここは死海のほとり

それはなんて青春な場所。
塩濃い目。
Twitterを始めました。
思い立ったらめきめきやりましょう。

ずっと敬遠していたのですが、Twitterを始めました。
理由はいくつかありますが、とにかく一番に、情報があっちから来てくれる状態を作りたかったんです。
便利な時代になったもんですよね〜。昔、はてなアンテナを取り入れたときの感動に似ています。
…でも、このTwitterの便利さは、私みたいな、長いものに簡単に巻かれる人間をだめにするものかもしれません。情報が膨大すぎるから、適当に斜め読みがいいかな。

で、情報をとるためにいろいろ設定していたら、なんやら、お知り合いでは?という方がたくさん出てくるではありませんか。

…副産物でした。

このブログを一時休止している期間、つまり音楽から離れていた期間、世の中ではSNSやらが爆発的に進化し、私は完全に時代に置いていかれました。休止の際、昵懇にしていた方には直接メールでご挨拶しましたが、のろのろと復帰した今、再びメールで繋がるのには結構抵抗がありましたので、こんな形で再会できた方がいたことは、うれしい誤算でした。

というわけで、とりあえずご報告です。
そる。
で検索いただければ、わかりやすいアカウントで発見されるものと思われます。フォロー等、ご自由に。
| そる。 | 雑記。 | 08:53 | comments(0) | - | -
復活宣言。

何年ぶりかに、こんにちは。

5年半ほどここを放置していましたが、とある理由により、再開させることにしました。

 

とある理由。

それは、THE YELLOW MONKEYが再集結したということ。

そして、私がそのライブに行くことができ、終わった後、何か書けそうな、6年前と同じ感覚を取り戻したからです。

 

 7/6大阪城ホールの感想だけは、早めに活字で残したいと思っています。

生エマは、すごかったんだよ。

生ロビンも、すごかった。

ステージから、やばいもんをぶちまけられて、全身に浴びて帰ってきた、みたいな状態です。

 

やっぱり最高だよ、THE YELLOW MONKEY。 たくさんの希望と興奮を、ありがとう。

 

この6年の隠遁生活から私を引きずり出してくれたのは、エマの奏でる『楽園』のイントロだったよ。 ありがとう、エマ。

 

…うーん、完全に勘が鈍ってる。 やっぱキーボードじゃないと、やる気出ないぞ。

とりあえず、また書こうかな、ということで、きょうはこの辺で。

| そる。 | 雑記。 | 00:01 | comments(0) | - | -
お知らせです。
 もう生きてはいないと思われていたかもしれませんが、かなりどっしりと生きております(笑)。
ただ、もう、ブログで自分の趣味やらなんやらを発信する欲求がなくなったのです。

まず。
もう更新しないであろうここを放置しておくのはよくないので、閉鎖します。どなたも見ていないでしょうから、いきなりの閉鎖に問題もなにもないのですが、予告してから閉鎖したほうがいいだろうという考えはあり、その作業をせずに1年近くこうして過ごして、今がある、というところです。閉鎖は今月いっぱいで。

さて。
更新しなくなった理由は冒頭のものがすべてですが、もうひとつに、個人的な生活環境の変化があります。ごくごく近い人間にしか話していませんが、不妊生活から妊娠生活へ移行しました。好きだったお酒もタバコも止まりましたし、ライブにも行かなくなっています。では、私はここで何を書くのか。書くこと、ないし(笑)。妊婦日記的なものをここで書くことには違和感があります。妊娠とか、自分の中では違うカテゴリーの話だし、ここが「妊婦日記」みたいになるのもいやだし。もしそういうのをやりたいんだったらほかでやるよって思うわけです。(…ブログへの欲求がなくなっているからやってないけど。)

そういうわけで。
ここは閉鎖します。自分の一部が鮮明に残っている文章も多いので、個人的には保管しますが、公開はしません。
リンクいただいている方には追って連絡します。

ひとまず、閉鎖宣言だけ。

| そる。 | 雑記。 | 16:27 | comments(2) | - | -
わけがわからん。
アベフトシ。7/22未明に急逝。享年43歳。


そんなこと急に言われても、信じられんだろう。…信じられないでしょう。誰が信じる?…だって、なんで死ぬの。何言ってんだか、わけがわからん。

…キラー・ビーチ聴く。
| そる。 | 雑記。 | 18:37 | comments(0) | - | -
理由のわからない不幸。
これから、ここで非常に暗い話をします。


ここしばらく体調の悪い日が続いています。三半規管のバランスが悪いようで、立ちくらみやめまいが多く、車酔いがいつもより激しい。
家でじっとしていればたいしたこともないのですが、ライブとかは、正直しんどいです。
そんなときに、実家に帰らねばならない用事が立て続けにおこり、うんうん唸りながらの片道3時間。
楽しい予定ならばいざ知らず、そのどれもが葬式に絡む里帰りであることが致命的です。正直、精神的にかなりきついです。

不幸にもいろいろな程度があります。
直近の週末に起きた不幸は、最悪なものでした。
死んでしまったのが、友人であり、友人の夫でもある人だったからです。同世代です。
死因が急病みたいなもので、予期できず、ただひたすら驚くばかりです。いまだに驚いている感じです。

彼には3人の幼い子供がいて、一番上の子が今年小学校に上がったばかりでした。一番下はまだ1歳そこそこです。
──まさにこれから、仕事も、家庭も、ますます充実していこう。──そういうときに、彼は逝ってしまった。
不本意だったでしょう。切なかったでしょう。悔しかったでしょう。
…逝った本人の心中。察するに、余りあります。

そして、その妻である友人の胸中は、同世代の女性として、推し量ることさえおそろしい。あんまりです。
元気そうだった夫が、ある日ふらりと病院に行き、1週間後に死んで帰ってくる。
悪夢以外の、何もんでもないでしょう。あんまりです。あまりにも、あんまりです。
何に対して怒ればいいのか、それさえもわからないじゃないですか。

どうして彼が死ななければいけなかったのか。
彼女が夫を、子供たちがお父さんを、どうしてこんなにも早くに失わなければならなかったのか。
今となっては、考えるだけ不毛なことかもしれない。でも、それを考える以外にどんな方法でこの状況に納得すればいいのかも私にはわからないのです。

人が必ず死ぬなんてことは端からわかってる。ただ、死に方や死に時ってあるでしょう。どう考えても、今じゃないと思うんだけど。
なんで、こんな若い、一家の大黒柱が、死ななければいけないのか。
なぜ、彼だったのか。なぜ、彼女の夫だったのか。
結局私は同じことをずっと考えている。

交通事故や病気、そういうものが原因で若い方がなくなるということは、日常茶飯事のように起きていることです。ニュースでも耳にすることです。
今回、自分のごく近いところでそのようなことが起き、今まで自分がそれらの出来事について感じていた気持ちの軽薄さを思い知り、吐き気がしました。
もちろん、ひどい話だと思って見ていました。不幸な出来事だと思って見ていました。
ただ、それは、所詮他人事だったってわけです。


死は、他人事ではないと、思い知った出来事でした。
それは、死ぬ側にしても、死なれる側にしてもです。

こんな話、もう嫌なんだわ。
人一人いなくなったことが、ほんとうに、つらい。

せめて、彼のご冥福を、お祈りするばかりです。

| そる。 | 雑記。 | 23:17 | comments(0) | - | -
2009年一発目。
久しぶりに書くわけですが、本年初記事になります。
本年もよろしくお願いいたします。

近況報告をいたします。
ライブに関して。
行けるものにぼちぼち行っている感じです。外せない吉井和哉に関しては、12/25の城ホールにきちんと参加しました。年末に行ったほかのライブはキャロだけです。椿屋とロデオは全然行けていません。
2009年のライブについて、はっきりした参加予定は今のところゼロ。
・THE RODEO CARBURETTOR …1/9名古屋、1/11大阪…両方アウト。
・Radio Caroline …2/12名古屋、2/13和歌山、2/14大阪…軽くツアーめいてる。調整中。
・STAN …2/16大阪…対バンにmwml。調整中。
・The Jerry …2/12名古屋…対バンがキャロなわけで…。The Jerry 公式だけの情報だったら信じてないけども、箱の公式にも出てるから信じざるを得んわけだこれ(笑)。現段階での The Jerry のライブを観ている自分が想像できないので、行かない可能盛大。でもキャロは観たいから困ったもんだこれ。
・吉井和哉…ツアー(6月〜?)…12/25のライブに行ってあらためて思ったんですよね、この人は運命の人だってい(略)。絶対参加。
・ユニコーン…え? なバンドが出てきちゃいましたけど、これは別枠に委ねます。

以下、ライブとは関係のない個人的趣味の話になるので追記隔離。
続きを読む >>
| そる。 | 雑記。 | 00:05 | comments(0) | - | -
近況報告。
生きております。

ご無沙汰してしまった皆さんもいらっしゃいますが、私は元気です。
ちょっと忙しく、また興味関心のベクトルも拡散気味だったので、ここの更新をしばらく止めていました。ちなみにきょうは夏休みの最終日です。

お気遣いいただいて「お忙しいみたいで、あまり連絡しないほうがいいですか?」とかメールいただいたりもしたんですが、とんでもそんなことはございませんで(笑)。私が自分勝手に書いて自分勝手に書かずにいるだけのここですから、個人的にお付き合いしてくださる皆さんとのつながりはここの消息とは無関係です。(…ただ、結構なメール不精ですんで、その辺は…すんません。)

私の人生の大原則は「おもしろいかおもしろくないか」の二択です。──おもしろくないことはしない。おもしろいことは多少の無理をしてもする。人に迷惑をかけることは結果おもしろくないので当然しない。今おもしろくなくても将来おもしろくなると思うなら今は我慢してする。──そういうことです。
だから、話をライブに限ってすれば、今私がライブを蹴りまくって仕事をしているのも、ライブよりもほかの娯楽に私財を投じているのも、将来がおもしろくなると思ってのことだということです。目の前のおもしろさを優先してライブに行きまくった時期が過去にありますが、周辺環境的にもご当人のテンション的にも、それはそのときにしかできなかったことなので後悔はしていません。ただ、今は私にとってその時期ではないというだけのことです。

…そういいながら、猛暑の盛りを過ぎた頃から、気になるライブが目白押しです。ロデオと STAN のツアーがほぼ同時、終わる頃にはキャロのツアーが始まるってなもんで。「お前なんでいるんだよ!!」的な場面をいくつ作れるか、それが私のひそかな楽しみでもあります。

今後の更新ですが、過去のような頻度の更新はしばらくしなくなると思います。
でも、行けるライブは行くし、音楽が好きなことにも変わりはありません。
ライブが増えればほふほふ言うし、いい男が増えればうはうは言います。女も男も素敵な出会いは逃しません。ここで知り合った皆さんとも今までどおりお付き合いいただければと思います。

今後ともどうぞよしなに。
| そる。 | 雑記。 | 22:08 | comments(0) | - | -
MC は難しい。
ライブのMCって、基本的にはそのステージに立ってる人が言いたいことをいったらいいのだと思います。でも、できるなら、それはお客の気を悪くしないほうがよいです。では、万人受けするMCとは何か。…そんなものありません。もっとおもしろいこと言えよとか、ひねりすぎとか、演出し過ぎとか、しゃべらなさ過ぎ、しゃべり過ぎなど、お客は勝手ですからいろいろと文句を言います。それもまた仕方のないことです。

私が、先日ライブで聞いたMCについて、ここで書いてみたいと思います。
一個人がフロアの片隅で思ったことですから、この考えを皆に押し付けるつもりはありません。ただ、こう思うことがあった、ということです。
追記隔離。
続きを読む >>
| そる。 | 雑記。 | 01:50 | comments(0) | - | -
泣きながら歌う「六甲おろし」。
林威助、復活の一撃。あしたのデイリーの一面は決まりだろ。私、絶対買うから(それも駅の売店で)。

長いリハビリを乗り越えて、本日、1軍に上がってまいりました私の31番林威助。
本日、早速代打で起用されました私の31番林威助。

結果、今シーズン初打席の初球を振り切ってタイムリー。
ファーストのグラブを弾いてライト線に突き刺さるタイムリー。


林威助ー。

林威助ー!

林威助ーー!

林威助ーーーー!!!!


自宅で野球を見ていて、立ち上がってガッツポーズしたのは久しぶりです。隣家に聞こえても構わない勢いで「りんんんんんんんnーーーーーーーー!!!!」言うたのも久しぶりです。
きょうの「六甲おろし」は、いつもとは一味も二味も違った。ああ、半泣きだったさ、そうさ、半泣きで「六甲おろし」さ! 何が悪い! 泣きたいときは泣いたほうがいいんじゃ! 歌いたいときは歌っとけばいいんじゃ! 

…思えば。
オープン戦終盤からしばらく、テレビ、雑誌、新聞の阪神のニュースには林の「り」の字もない日が続きました。
「阪神のこの布陣なら林の出る幕はないからトレードしたほうがいいんじゃ」的配偶者の発言に、胸ぐらつかんで「ナンダテメェヤルノカオラァ」的半ヤケ状態だった4月。
林がいなくても今年の阪神は十分強いし、林がいなくても私は阪神を応援してる。
でも、林がいれば、その阪神愛は、半ば盲目。
…林、おかえり。

あとは浅井が試合に出てきてくれれば言うことないんだけど(これは望み薄いかも)。
| そる。 | 雑記。 | 22:15 | comments(0) | - | -
生存報告。
久しぶりに、早めの仕事上がりにぶらり飲んで、完全に酔っ払って帰宅しました。こんばんは、酔っ払いです。
酔っ払って聴く THE RODEO CARBURETTOR は最高。酔っ払って聴く Radio Caroline は最高。ロックはこんなにも心地よいものか。
うつらうつらの酔っ払いと気持ち悪いとの狭間で「月光ダンス」をアルバムごと5曲リピートしまくった挙句に続けてかかった「extremes」にとどめを刺され、何の気なしにシャッフルに切り替えたらいきなり「GO MAD GO JET」がかかってとんでもない状態になったのは、日ごろ ipod の教育を怠らなかった成果でしょう(笑)。まじで目ぇ逝ってたと思う。快速で乗り過ごした。(…折り返しで乗ったら各駅停車だった)

さて。仲間内でさえその消息を危ぶまれている最近(笑)。まったく普通に生きています。しかし、Web からはまったく離れていました。物事に優先順位がつくと、最優先のものに見境なく食らいついて離れない性が出てしまい、ここが完全お留守。
ちょうど移転をした直後の失踪だったので、過去に更新停止したときに比べると突き上げは優しかったように感じます。気楽でした。

ここ数年の優先事項は「仕事、家庭、音楽」の三本立てで決まりだったのが、この年度始まりから事項自体がいくつか増えてしまい、音楽が脱落した次第。
当然ライブも行っていません。そう、誕生日に行動圏内でライブをしてくださったというのにアルカラのライブにも行かなかった…。
新譜も買っていません。そう、誕生日にリリースされた吉井和哉のライブ盤でさえも、予約しているのにいまだに取りに行っていないという怠慢ぶり…。そのうち吉井和哉に呪われる(確実)。琵琶湖からネッシーが現れる勢いで呪われる。
そして、「5/1発売だよ」と49(推定、確定)がアナウンスをくれた STAN 掲載の QUIP も買っていない。kyg の祟りも確実にくる。そしてMちゃんにどこかの城に人質に連れ去られる。お願い、松本城にして。だめなら姫路城か二条城(っていうか天守閣ねーし)。つまり地元か自宅付近かという都合のよさ。…あれ、今 STAN 公式覗いたら、「QUIP」、なんか誤植あったんですか? お詫びの文面みる限りでは誤植とかいうレベルじゃない感じもするけど…。とりあえず週明けに買いに行こうっと。

そ、そんな春眠に暁を覚えん状態にも関わらず、ライブや新譜に関するニュースをお知らせくださった皆さん、ありがとうございました。積極的に情報を取っていない時期だったので非常に助かりました。
とりあえず諸々が落ち着いてきたのでぼちぼち再開します。知らせていただいていた事項からメモがてら更新していこうかと思います。

…といいながらこの週末はとりあえず実家に帰って親の面倒をみる予定(笑)。
| そる。 | 雑記。 | 23:53 | comments(0) | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ