ここは死海のほとり

それはなんて青春な場所。
塩濃い目。
Twitterを始めました。
思い立ったらめきめきやりましょう。

ずっと敬遠していたのですが、Twitterを始めました。
理由はいくつかありますが、とにかく一番に、情報があっちから来てくれる状態を作りたかったんです。
便利な時代になったもんですよね〜。昔、はてなアンテナを取り入れたときの感動に似ています。
…でも、このTwitterの便利さは、私みたいな、長いものに簡単に巻かれる人間をだめにするものかもしれません。情報が膨大すぎるから、適当に斜め読みがいいかな。

で、情報をとるためにいろいろ設定していたら、なんやら、お知り合いでは?という方がたくさん出てくるではありませんか。

…副産物でした。

このブログを一時休止している期間、つまり音楽から離れていた期間、世の中ではSNSやらが爆発的に進化し、私は完全に時代に置いていかれました。休止の際、昵懇にしていた方には直接メールでご挨拶しましたが、のろのろと復帰した今、再びメールで繋がるのには結構抵抗がありましたので、こんな形で再会できた方がいたことは、うれしい誤算でした。

というわけで、とりあえずご報告です。
そる。
で検索いただければ、わかりやすいアカウントで発見されるものと思われます。フォロー等、ご自由に。
| そる。 | 雑記。 | 08:53 | comments(0) | - | -
【Radio Caroline】どうしても、ライブに行きたいです。

先日、ライブに行きたいとつぶやいたRadio Caroline。
今、私がこのタイミングで、Radio Carolineのことをここに書くことになるなんて、先週まで思いもしなかった。

もうね、これはね、THE YELLOW MONKEYの僻地ツアーと、過去の私の行いと、私のiPodの曲順と、吉川晃司のせいだな。(順不同)

 

続きを読む >>
| そる。 | Radio Caroline | 00:30 | comments(0) | - | -
【Radio Caroline】行きたい。行きたいんだ。
年一THE YELLOW MONKEYでオーライな私が、何かに覚醒してしまった予感がします。

どうしても、どうしても、10/13(金)の神戸のRadio Carolineに行きたくなっています。
それも、つい先週から。

会いたくて、会いたくて仕方ないんだよ、ウエノ御大に。(身悶えしながら)
あの真也さんの奇跡のロールを聴きたくて、突き上げたチップを観たくてたまらんのだよ。(懇願しながら)
…会いたいんだよ、PATCHに。(あっさり)


なんとかなんねぇかな。
しかし、金曜日なんだよな。
| そる。 | Radio Caroline | 08:39 | comments(0) | - | -
THE YELLOW MONKEY『SUBJECTIVE LATE SHOW』@倉敷市民会館(その弐)
まだ書くのか。ええ、書きますとも(笑)。

私は、エマの魅力に開眼してから、エマがいるステージではエマしか見なくなりました。あれだけ執着していた吉井和哉をほとんど見ていない。…私の悪いところで、バンドの中でだれか1人を好きになってしまうと、かなりの割合、その方凝視状態でLIVEを見てしまう。ロデオんときの滝澤さん、キャロんときのウエノコウジもそんな感じだった。これ、よくないんだろうけどさ、目の欲望には逆らえないんだよねぇ。8〜9割その方ロックオン、残り1〜2割でほかを眺める。もったいない。実にもったいない。でも、目の欲望には…。

そんな個人的事情とは別に、さらに倉敷では、私と吉井の間にでかいでかいお兄さんの頭がございまして…。私の場所はほぼ中盤のドセンター。階段状になってるホールで、身長159センチの私がふさがれたんだから、お兄さんかなりでかい。しかも、あまり動かない方だったので、物理的に吉井とアニーは見えねぇんだわ(笑)。


…ということで、ヒーセかエマしか目のやり場ない。だから、エマちゃんロックオンな感想を最後にお送りします。←すげー言い訳。
あまりに恥ずかしいので、追記隔離。
続きを読む >>
| そる。 | THE YELLOW MONKEY | 17:06 | comments(0) | - | -
THE YELLOW MONKEY『SUBJECTIVE LATE SHOW』@倉敷市民会館(その壱)
行ってきました。THE YELLOW MONKEY、『SUBJECTIVE LATE SHOW』@倉敷市民会館。

アリーナツアーのときは、記憶らしい記憶がほとんどなく、ただ興奮していた感じでしたが、今回は、多少記憶が鮮明です。これは、ホールだったから、会場の空気がこじんまりしていて、落ち着いていたからだと思われます。あと、MCの記憶が多いのは、最終日的解放感で、吉井和哉さんがしゃべりすぎたことが原因とお見受けします。

MCの内容ですが、下ネタが多すぎる。7割方下ネタだった気さえする。ここで書くのがためらわれますが、御大のありがたいお言葉なので、恥を忍んで、謹んでなるべくそのままに記すことにいたします。

セットリストは、電子チケットの贈り物から引用。MCは、どの曲間か覚えていたらしかるべき場所にメモしますが、わからんものは最後にくっつけときます。順不同です。

では、追記隔離。
続きを読む >>
| そる。 | THE YELLOW MONKEY | 16:59 | comments(0) | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ